プルエストは安全性なの?皮膚科医と共同開発したって本当?

7月 6, 2019

続々と新発売されるコスメ商品ですが、多すぎて正直どれを買ったらいいか…。

 

雑誌や口コミサイトを読んでも、どれが自分に合うかは使ってみるまで分かりません。

 

皆さんもいろいろと見るポイントはあるかと思いますが、科学的に見たことはありますか?

 

今回は皮膚科医と共同開発の新発想の洗顔料 PLUEST(プルエスト)の配合成分について調べて行きたいと思います。

 

PLUEST(プルエスト)の商品コンセプト

 

先人の知恵と最新のテクノロジーを使い肌が本当に必要なものを必要なだけ充分に与え
最上級の価値をあなたの肌にもたらすスキンケアブランドです。(公式HPより)

 

最新の科学技術で効果・効能が明らかになっている自然由来の成分を融合させ、洗いながら本来の健康的な素肌にしていくスキンケアアイテムということですね。

 

また皮膚科医との共同開発という文言もうたわれています。

 

つまり「肌にいい」という昔からの先人の知恵に、「なぜ良いのか?」を科学的に裏付けしていったわけです。

 

では実際にどんなものが使われているのでしょうか?調べていきましょう。

 

プルエストの配合している成分は?

 

主成分にはマンナンスクラブとカラギーナンとあります。

 

〇マンナンジェリー

コンニャクイモから取れる100%天然由来の成分です。

 

この粒子は角がないため肌の汚れを吸着して、洗うとしっかり落としてくれます。

 

粒子の角でお肌を傷つけるようなこともありません。

 

優しい粒子のマッサージ効果が血行を促進して、お肌のターンオーバーにも効果があるようです。

 

〇カラギーナン

 

海藻に含まれる粘りのある多糖類の成分です。

 

増粘剤や安定剤の目的で食品や衛生食品、医薬品など意外と身近に使われています。

 

洗顔で浮いた汚れをこの粘り気が絡めとるようですね。

 

〇ソープナッツ

 

ナッツからとれて自然の洗浄成分になります。

 

毛穴に詰まったがんこな汚れも浮かせてくれる効果があるよう。

 

〇その他の和漢西洋ハーブエキス

カミツレ花エキス

トウキンセンカ花エキス

フユボダイジュ花エキス

ヤグルマギク花エキス

レモン果実エキス

ホップ花エキス

セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス

ゴボウ根エキス

サボンソウ葉エキス

セージ葉エキス

サピンヅストリホリアツス果実エキス

 

乾燥しがちな肌に潤いを与えるのにはこうしたハーブエキスも有効ですね。

 

気になる副作用は?

プルエストの主成分のマンナンジェリーは、日ごろ食べているコンニャクの原財料。

 

食べられるのですから、身体に悪いという事もありませんよね。

 

スキンケアアイテムとして人気があるスポンジも、マンナンジェリーの吸着力に注目したものです。

 

赤ちゃんの繊細な肌でも優しく洗え、乾燥肌や敏感肌で悩んでいる人も安心。

 

またカラギーナンも、海藻から採れる成分。

 

医薬品にも使用されていますし安全性については問題ないといっていいでしょう。

 

そして国内生産にこだわっていて製造過程で余計な添加物なども一切入っていません。

 

副作用についても確認できた成分ではほとんど可能性はないと思われます。

 

やっぱり直接肌に触れるものですので、安全と安心にこしたことはないですね。

 

ここまでプルエストの成分について見てきてどうだったでしょうか?

 

低刺激なうえ保湿効果も期待できる洗顔料 プルエスト。

 

乾燥肌や敏感肌でお悩みの方なら、一度試してみる価値はありそうです!

 

>>【今だけ20%OFF】プルエスト(PLUEST)公式サイトはコチラ